くろいぱんだ

映画とか、写真とか、日記とかとか

<<オープンキャンパス  | ホーム | 山手線ぐるぐる>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひっそりと猥雑な街 

2010.07.02

IMG_6232_convert_20100702215201.jpg

渋谷で200枚以上撮影したのに、ちっとも納得できる写真がとれませんでした。
街を撮るのって大変だなって実感中です。


最近のこと。


「告白」「アウトレイジ」見てきました。

「告白」は、PVを見せられている気分。映画では、ないだろーっていう。
スローモーション、逆回し、イメージ映像がひたすら並べられてました。
冒頭30分は印象づけのためには良いかもしれませんが、それを2時間続けられるのは厳しい。
意味のないダメージを受けつつ、20分後から「アウトレイジ」を鑑賞。

「アウトレイジ」は、北野武のやくざ映画でした。普通におもしろかったです。
でも、それ以上でもそれ以下でもない感じかな。
全員悪人のうたい文句には、嘘はありませんでした。個人的には、加瀬亮が一番の悪人だったと思う。
椎名桔平が大変かっこよかったです。



六本木クロッシングに行ってきました。

もう終わりにも近かったので、かなり空いてました。だから、ゆっくり見られました。
一言で言うのなら、なんか微妙。んーって感じでした。
作品一つ一つはおもしろいものもありましたが、全体的で見るとどうもつまらない。
「芸術は可能か」をキャッチフレーズにしていましたが、今の日本は芸術が迷走しているのだな感じました。

ほとんどの作品が社会と関わろうとしており(そういう作品を集めたのでしょうが)芸術作品と呼んで良いのかと悩む作品がいくつかありました。
おもしろいけど、芸術作品とは呼べないだろうという。
芸術という言葉が多種多様化していき、幅が広がったからこそ、あらゆる方面で芸術の可能性が広がったのもありますが、今回はプラスの印象というよりもマイナスな、芸術が迷走しているという再確認をさせられた気分です。

余談ですが、このあと六本木ヒルズ内で昼食を食べました。
なんだかセレブ(笑)値段は、普通の値段でした。
それから、麦わら帽子を買ってもらった。夏ですねー。早く被りたいけれど、熱くなるのはしんどい。


渋谷の話に戻りますが、私は渋谷のホテル街周辺が好きです。
若者が集う繁華街の奥にホテル街ってのが、なんかツボ。あの辺りは、ライブハウス周辺を覗けば静かですし。
ひっそりと猥雑な感じが、良いです。
新宿も歌舞伎町の奥、ホテル街とかゴールデン街の辺りが好きです。
人の秘密をいっぱい孕んでる街が魅力的なのかな。
新宿は、一人で撮影するの本気で危ないって言いますが(撮ってはいけないものが、いっぱいあるらしい・・・・)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kuropanda69.blog59.fc2.com/tb.php/30-eed57188

 | HOME | 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。